OpenVPN

バック

OpenVPN

ステップ1

開いた [証明書マネージャー]メニュー[システム]
タブ内[CA]をクリック追加]ボタン
PrivateVPNとして[わかりやすい名前]
これを[証明書データ]フィールドをクリックして[セーブ]ボタン


-----証明書の開始-----
MIIErTCCA5WgAwIBAgIJAPp3HmtYGCIOMA0GCSqGSIb3DQEBCwUAMIGVMQswCQYD
VQQGEwJTRTELMAkGA1UECBMCQ0ExEjAQBgNVBAcTCVN0b2NraG9sbTETMBEGA1UE
ChMKUHJpdmF0ZVZQTjEWMBQGA1UEAxMNUHJpdmF0ZVZQTiBDQTETMBEGA1UEKRMK
UHJpdmF0ZVZQTjEjMCEGCSqGSIb3DQEJARYUc3VwcG9ydEBwcml2YXR2cG4uc2Uw
HhcNMTcwNTI0MjAxNTM3WhcNMjcwNTIyMjAxNTM3WjCBlTELMAkGA1UEBhMCU0Ux
CzAJBgNVBAgTAkNBMRIwEAYDVQQHEwlTdG9ja2hvbG0xEzARBgNVBAoTClByaXZh
dGVWUE4xFjAUBgNVBAMTDVByaXZhdGVWUE4gQ0ExEzARBgNVBCkTClByaXZhdGVW
UE4xIzAhBgkqhkiG9w0BCQEWFHN1cHBvcnRAcHJpdmF0dnBuLnNlMIIBIjANBgkq
hkiG9w0BAQEFAAOCAQ8AMIIBCgKCAQEAwjqTWbKk85WN8nd1TaBgBnBHceQWosp8
mMHr4xWMTLagWRcq2Modfy7RPnBo9kyn5j / ZZwL / 21gLWJbxidurGyZZdEV9Wb5K
Ql3DUNxa19kwAbkkEchdES61e99MjmQlWq4vGPXAHjEuDxOZ906AXglCyAvQoXcY
W0mNm9yybWllVp1aBrCaZQrNYr7eoFvolqJXdQQ3FFsTBCYa5bHJcKQLBfsiqdJ /
BAxhNkQtcmWNSgLy16qoxQpCsxNCxAcYnasuL4rwOP + RazBkJTPXA / 2neCJC5rt+
sXR9CSfiXdJGwMpYso5m31ZEd7JL2 + is0FeAZ6ETrKMnEZMsTpTkdwIDAQABo4H9
MIH6MB0GA1UdDgQWBBRCkBlC94zCY6VNncMnK36JxT7bazCBygYDVR0jBIHCMIG /
gBRCkBlC94zCY6VNncMnK36JxT7ba6GBm6SBmDCBlTELMAkGA1UEBhMCU0UxCzAJ
BgNVBAgTAkNBMRIwEAYDVQQHEwlTdG9ja2hvbG0xEzARBgNVBAoTClByaXZhdGVW
UE4xFjAUBgNVBAMTDVByaXZhdGVWUE4gQ0ExEzARBgNVBCkTClByaXZhdGVWUE4x
IzAhBgkqhkiG9w0BCQEWFHN1cHBvcnRAcHJpdmF0dnBuLnNlggkA + ncea1gYIg4w
DAYDVR0TBAUwAwEB / zANBgkqhkiG9w0BAQsFAAOCAQEAayugvExKDHar7t1zyYn9
9Vt1NMf46J8x4Dt9TNjBml5mR9nKvWmreMUuuOhLaO8Da466KGdXeDFNLcBYZd / J
2iTawE6 / 3fmrML9H2sa + k / + E4uU5nQ84ZGOwCinCkMalVjM8EZ0 / H2RZvLAVUnvP
uUz2JfJhmiRkbeE75fVuqpAm9qdE + / 7lg3oICYzxa6BJPxT + Imdjy3Q / FWdsXqX6
aallhohPAZlMZgZL4eXECnV8rAfzyjOJggkMDZQt3Flc0Y4iDMfzrEhSOWMkNFBF
wjK0F / dnhsX + fPX6GGRpUZgZcCt / hWvypqc05 / SnrdKM / vV / jV / yZe0NVzY7S8Ur
5g ==
-----証明書の終了-----

ステップ2

開いた [OpenVPN]から[VPN]メニュー、タブに切り替え[クライアント]をクリックして[追加]ボタン
次のデータを入力します。
サーバーモード: 選択する [ピアツーピア(SSL / TLS)]
プロトコル:UDP
デバイスモード:tun
サーバーのホストまたはアドレス:サーバーリストはここにあります:サーバーリスト
サーバポート:1194
プロキシ認証。 -追加オプション: なし
説明:国名、都市名、サーバーアドレス
ユーザー名:PrivateVPNのメールアドレスを入力します
パスワード:PrivateVPNパスワードを入力します
TLS認証:有効にする
キー
-----OpenVPN静的キーV1を開始-----
f035a3acaeffb5aedb5bc920bca26ca7
ac701da88249008e03563eba6af6d262
5ac8ba1e5e0921f76be004c24ae4fd43
e42caf0f84269ad44d8d4c14ba45b138
6f251c7330d8cc56afd16d5168356456
51ef7e87a723ac78ae0d49da5b2f2d78
ceafcff7a6367d0712628a6547e5fc8f
ef93c87f7bcd6107c7b1ae68396e944a
adae50111d01a5d0c67223d667bdbf1b
f434bdef03644ecc5386e102724eef38
72f66547eb66dc0fea8286069cb082a4
1c89083b28fe9f4cec25d48017f26c4f
d85b25ddf2ae5448dd2bccf3eef2aacf
42ef1e88c3248c689423d0b05a641e9e
79dd6b9b5c40f0cc21ffdc891b9eee95
1477b537261cb56a958a4f490d961ecb
-----OpenVPN静的キーV1の終了-----
ピア認証局: 選択する [PrivateVPN]
クライアント証明書: 選択する [なし(ユーザー名および/またはパスワードが必要)]
暗号化アルゴリズム: 選択する [AES-256-CBC(256ビットキー、128ビットブロック)]
認証ダイジェストアルゴリズム: 選択する [SHA256(256ビット)]
ハードウェア暗号:お使いのデバイスがハードウェア暗号化をサポートしていない場合は、[ハードウェア暗号化アクセラレーションなし]
圧縮: 選択する [適応圧縮で有効にする]
トポロジー: 選択する [サブネット-共通サブネットのクライアントごとに1つのIPアドレス]
カスタムオプション
remote-cert-tlsサーバー。
クライアント;
comp-lzo;
永続キー。
persist-tun;
auth-nocache;
接続再試行-1;
ルート遅延;
キープアライブ3 10;

[セーブ]ボタン

ステップ3

開いた (インターフェイスの割り当て)から[インターフェース]メニューをクリックし、ドロップダウンメニューから新しく作成したトンネル[ovpn1(ドイツ、フランクフルト-de-fra1.privatevpn.com)]を選択します

ステップ4

開いた [NAT]から[ファイアウォール]メニューとタブへの切り替え[アウトバウンド]
手動に変更し、次のようなVPNの送信ルールを複製します。

ステップ5

開いた [ルール]から[ファイアウォール]メニューとタブへの切り替え[LAN]
デフォルトLANを次のようなルールにコピーします:(高度なゲートウェイ設定に注意してください)

ステップ6

保存すると、次のようになります。デフォルトのルールは、必要に応じて無効化または削除できます.

ステップ7

インターフェイスPrivatVPNおよびOpenVPNのルールを許可する作成

Rae Hodge
Rae Hodge Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me